2015/12/14 22:28

順番が前後しますが、先日のみつばち作業所のレポートの続きです。 

 

みつばち作業所のご利用者さまたちは、縫製以外にも陶芸や軽作業などもしています。 

 

写真では、陶芸に使われる窯や、実際に焼き上がった作品を載せています。こちらもとても本格的でいろいろなところへ出品し、高く評価されているとのことです。 

 

 

前回も少し触れましたが、この事業所は生活介護という支援施設ですが一方的な支援という形ではなく、ご利用者様たちが主体となった自立支援の施設となっています。 

 

最大の特徴としては、仕事をするということを通して、生活リズムの調整、責任感や達成感、連帯感などの向上図っているということです。これは、法人設立以来、ずっと変わらず貫いてきた方針だそうです。 

 

また、仕事で得られた収入(工賃)によって、ご利用者様たちの活動への意欲や生活の豊かさを向上させるという広い意味での自立支援・生活支援の取り組みとなっています。 

 

いろいろなスタイルの自立支援があるんだなと、改めて勉強させていただきました☆